OSAKAでもレーシック手術を受けられる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

適応しているか

大阪には評判の高いレーシック手術を受けることが出来る眼科が多数あるから、自分も大阪でレーシック手術を受けてみたいというように考えている人は多いでしょう。
しかし、レーシック手術というのは、だれでも手術を受けることが出来るというわけではありません。中には手術に適していないという人も存在します。

では、大阪でレーシック手術を受けるときに必要となってくる条件とは一体何でしょうか?

まず、レーシック手術を受けたいと思った場合に、すぐに手術に取り掛かるわけではありません。まずは、手術を受けることが出来るかどうか検査を行ないます。
手術では、角膜を削ることとなりますので、角膜が異常に薄いといった人は手術を受けることが出来ません。また、あまりにも近視が強い状態の人も手術をうけることは出来ません。

年齢に関しても、20歳未満は対応していません。眼科によっては、18歳未満という年齢制限となっているところもあります。45歳以上の人は、老眼が始まる年齢でもありますので、手術を受けても老眼で再び視力が低下する可能性があります。手術を受けられなというわけではありませんが、費用と時間が無駄になる可能性があるので、十分考えましょう。

緑内障や白内障になっているといった場合にも、レーシック手術を行なうことで状態が悪化してしまう恐れがありますので手術には適していません。

この他にも妊娠中の女性、精神的に不安定、重度の糖尿病というように、レーシック手術に適さない条件は多数存在します。
レーシック手術を受けることの出来る基準というのは、日本眼科学会が出しているものです。そのため、クリニックによって、さほど結果に差は生じません。
条件が多いことから、4~5人に1人は不適合と言われています。
しかし、レーシックには様々な種類があり、種類を変更することで手術を受けることが出来るという場合がありますので、医師と相談をするようにしましょう。

大阪では、眼科検査を行ない、すぐに手術を受けることが出来ないということであっても眼の状態に合わせた治療を行なってくれます。そうすることで、レーシック手術を受けることができるようになることもあります。