OSAKAでもレーシック手術を受けられる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕組みについて

眼科で行なう治療の一つに「レーシック」というものがあります。これは視力矯正手術の一つで、レーザーを照射して角膜を薄く削り、視力を回復させる事が出来る手術となっています。

レーシック手術では、マイクロケラトームという専用の器具を用います。そして、角膜を薄く削ってめくり、内部へレーザーを再び照射します。そうすることで、角膜を変形させることが出来、視力回復効果を得ることが出来ます。変形させるときには、手術前に行なった眼科検査の結果を元に行ないます。そのため、一人ひとりの状態に合わせた手術が行なわれるのです。

私たちの目というのは、白目の部分を強膜、黒目の部分を瞳孔といいます。そして、瞳孔の内部にはピントを合わせる役割のある水晶体というものが存在しています。
この、ピント機能というのは、目の周辺にある筋肉によって行なわれています。ただ、日常生活で目を駆使していることで、筋肉が固まってしまいます。そうすることで近視となります。
レーシック手術を行なうことで、角膜の不具合を調整します。角膜のカーブを整えることによって、再び商店が合わせやすくなり、結果的に視力回復が期待できるということです。

レーシック手術は、一人ひとりの状態に合わせた手術を行なうことが可能となっています。そのため、視力がかなり低下している人でも効果があります。
現在では全国の眼科でレーシック手術を受けることが出来るようになっており、自分の住んでいる近くでも手術を受けることが可能でしょう。ただ、安心して手術を受けるためにもレーシック手術の仕組みを理解しておくことが大切です。

全国には評判の高い眼科が多数あります。ただ、大阪には、レーシック手術の名医が数多くいると言われています。
大阪在住の人や大阪近隣の人であれば、是非とも大阪でレーシック手術を受けることの出来る眼科を探しませんか?