OSAKAでもレーシック手術を受けられる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

歴史について

レーシックというのは、現在でこそよく耳にする視力矯正手術となっています。
日本でレーシック手術が認可されたのは2000年です。それまでは、視力矯正をするとなれば、メガネやコンタクトレンズ、視力回復トレーニングといった方法が主流となっていました。

ただ、日本で認可されたのは2000年ですが、ヨーロッパやアメリカではすでに行なわれていた手術です。また、アメリカでは年間130万人以上もの人が手術を受けているほど、非常にポピュラーな視力矯正方法だったのです。
この手術というのは、NASAでも採用されている安全性の高い手術です。

アジア圏にレーシック手術が浸透したのは1990年代と言われています、日本よりも先に認可されたのは台湾や韓国といった国です。日本では認可されていないものの、レーシック手術の存在を知った日本人が、わざわざ台湾や韓国へ手術を受けに行くといったこともありました。日本人が手術を受けに来るケースが多いことから、病院内に日本語通訳を導入しているところもありました。

2000年以降は、日本にもレーシック手術が認可され、数々の眼科で手術を受けることが出来るようになっています。特に大阪ではレーシック手術に力を入れている眼科が多く、常に最新治療を受けることが出来ます。そのため、大阪在住でなくても、大阪まで手術を受けに来るといった人も多いです。

日本は全体的に発展している国です。医療業界でも他の国より発展しています。しかし、レーシックに関しては、海外の方が歴史が古いということから技術が高いと言われています。
ただ、日本でも本場アメリカやヨーロッパで行なわれている手術を取り入れているので、技術は保証されています。

現在では、わざわざ海外へ行かなくてもレーシック手術を受けることが出来るようになっています。もちろん、海外旅行がてらレーシック手術を受けても良いですが、日本でも手術をうけることの出来る眼科は多いですし価格も安くなってきていますので、手術が受けやすい環境となっています。
大阪に住んでいないということでも、海外へ手術を受けに行くことを考えると時間もお金もかかりません。